またしても旅行者の死亡事故 in ドゥブロヴニク

Finn died accidentally in Dubrovnik

ドゥブロヴニクで月曜の午後2時から行方不明中だったフィンランド人の遺体が、同午後6時20分、ボニノヴォ(Boninovo Cape)で発見された。

警察の調べによると、ユハ・パークコネン(32歳)は誤って崖から転落死したらしいと発表。パークコネンは4月16日から友人一人とドゥブロヴニクに観光客として訪れており、The Javno websiteによるとその友人とパークコネンはその日一日中アルコールを飲み続け、パークコネンは放尿しに行ったきり戻らなかったと友人が語ったという。

ボニノヴォは昨年10月にオーストラリアのバックパッカー、ブリット・ラプソーンの遺体が発見された場所でもある。

昨年かなりニュースで報道されていたオーストリア人のバックパッカー女性の事件も、今回同様に事故死では?とされていますが、真相はどうなのか、彼女の事件はまだ謎がたくさんあるようですね。

今までこういった事件の記事は敢えてここには載せていなかったのですが、日本人旅行客が増える中、こういうことも起こっているので気をつけてくださいということ、クロアチアを旅行するにあたり、クロアチアも他国同様にまったく安全な国とは言い難いということも心の片隅に置いた方がよいでは?と思ったので、今回取り上げました。

広告