ファーストフードの「Subway」撤退@クロアチア

Subway closes all six restaurants in Zagreb

アメリカ資本のファーストフードのチェーン店「Subway」がクロアチアから撤退。

今年の1月にさらに6店舗をオープンさせる計画を発表したばかりだった「Subway」は、ザグレブの6店舗すべて開業5年目にして閉店となった。同市中心部にあったメインの店舗は2年前に閉店、チボナタワーの隣りの店舗も先週で閉店し、リェカに一店残るのみとなった。

デイリー・ユタルニ紙は、「Subway」はクロアチアで初めて失敗したファーストフードのチェーン店だという。ある噂では「Subway」の人気が落ち込んだのは2007年にクロアチア系のファーストフードのチェーン店の「Daily Fresh」のオープンに関係しているのではないかという。この「Daily Fresh」はクロアチア国内に5軒の店舗があり、国外でもオープンする予定。「Subway」は91カ国にまたがり31476軒の店舗がある。

ザグレブの中心街にあったあのサブウェーですが、いつも閑古鳥が鳴いてましたね。観光客もあまり入ってなかったですね。同じファーストフードならマクドに行ってしまう感じでしょうか。しかもわざわざサブウェーに行かなくても、同じようなハンバーガーのローカル店が大聖堂のそばにありますから、地元の人はそっちですね。あそこはいつも夜中ぐらいまでお客がいて、フィッシュバーガー、ハンバーガー、チーズフライバーガー、量はクロアチアサイズで大きめ多め。閉店時には猫たちもおこぼれをもらいに順番着いてます。

ちなみに、Daily Fresh、海外進出は・・・ヤメとけば・・・とオモイマス、はい。一見騙されるんですが、ぜんぜんフレッシュじゃないし。まずっ・・・。

広告