クロアチアで豚インフルエンザ、二人目の死亡者

Second swine-flu death in Croatia

先週の土曜、クロアチアでの豚インフルエンザによる死亡者が二人となったと、クロアチアの厚生省が公式サイト上にて発表した。

10月31日に心不全によりスプリット病院で死亡した61歳の男性がクロアチアで初めての豚インフルエンザによる死亡例で、現在クロアチア国内で認められている豚インフルエンザ患者数は1509人。

ダルコ・ミリノヴィッチ厚生大臣は、ザグレブ市のフラン・ミハルイェヴィチ医院には豚インフルエンザ患者6名が入院しており、うち2名が重体であるが命に別状はない。
また、大臣は、政府は世界的な流行病に対して11月末までに50万のワクチンがクロアチア国内に届くように対処しているため、パニックに陥る理由はないと強調している。

これ以上豚インフルエンザによる被害が広がりませんように・・・。

広告