喫煙法実施それから。

Smoking-law hits cafe business

4月9日から再び実施されている喫煙禁止法によって、すでに客足が減るなど経営に悪影響が出ているとザグレブ市でカフェを営むオーナーたちが不平を訴えている。また外のテラス席の客にヒーターとひざ掛けを置くなど、営業に影響する悪天候も続いている。

イェラチッチ広場にある14軒のカフェのうちでは1軒のみが喫煙許可を得ている状況で、ザグレブ市内では現時点では店内に換気システム設置を導入できない店も多いようだ。その結果として多くのカフェはこれまでと打って変わり禁煙パラダイスと化している。

この新法では、50㎡以上のバー(カフェ)店舗では喫煙席と禁煙席を分けることと、これまで以上の高性能の換気システムの設置を課しているが、50㎡以下のバー(カフェ)店舗では席を分ける必要なく喫煙してもよいが高性能の換気システムを設置しなければならない。

喫煙許可を取得して営業している店は新法実施以来満席で「喫煙できるようにしてからというもの、店は常に大繁盛。どんどん若い喫煙客が増えているのでこのままでは煙草を吸わない客が減るのではと心配になるものの、とにかく繁盛しています」と、カフェ・コルディングのオーナー。しかし他のカフェのオーナーたちは天気が回復しテラス席が満席になることを待ち望み、秋にはどうなるかなどは考えないようにしていると、ヴェチェルニ・リスト紙は伝えている。また、喫煙者たちは喫煙者にやさしいカフェのリストをFacebookに投稿しているという。

まーねー、そんなところでしょう。誰が大金をはたいて換気システムなんてつけますか。いや、この国では、のはなしですよ。前から言ってますが、またいつ法律変わるかわからないし、ってことでしょうね。これも前から言ってますが、EU加入が絡んでるのであれば今回は変わらないでしょうけど・・・。

この喫煙・禁煙システム、個人的には大賛成です。吸いたい人もいれば吸いたくない人もいるわけですからね。これまではザグレブ市内でカフェに入ると息ができないくらいだったので、タバコを吸わない者としては本当に行く場所が限られてましたから。これから夏に向けてみなさんテラス席で吸うんですが、その前を通るとあまりの煙たさにこれまた息ができません。ええ、それぐらい吸いますね、みなさん。

広告