クロアチアの児童文学が日本で出版

´Croatian Tales of Long Ago´ published in Japan

1923年に描かれたヴラディミル・キリン(Vladimir Kirin)の挿絵によるイヴァナ・ブルリチ=マジュラニチ(Ivana Brlic-Mazuranic 1874−1938年)著『Price iz davnine』というクロアチアのむかし話の書籍が京都の松籟社より出版。

1916年に出版されたこの本はマジュラニチの書籍のなかでももっとも親しまれた一冊で、クロアチア人に関するスラヴ神話をベースにアンデルセンやトールキンのようなおとぎ話が新しく創作されている。

クロアチアのアンデルセンと称された彼女自身が学ぶために書かれたという、マジュラニチの小説や児童文学のほとんどがヨーロッパ言語に翻訳されている。

日本ではこのクロアチアのむかし話の他にも二冊出版されている。

松籟社のウェブで書籍と著者検索してみましたが、邦題は『昔々の昔から』。英語版はこちらで立ち読みできます。著者名の読みは日本語ではイヴァーナ・ブルリッチ=マジュラニッチが一般的な読み方のようですね。イヴァナをなんでイヴァーナって伸ばしちゃうんだろ。間延びして妙なんだけど。

広告