要注意なレストラン「ラグーサ2」@ドゥブロヴニク

これ以上の更新はしないつもりでしたが、みなさんにも注意していただきたい事件があったので投稿します。

各ガイドブックに掲載されているドゥブロヴニクのレストラン「ラグーサ2」。先日そこで日本人から初めてクロアチアを訪問した知人4人をお連れして、食事を済ませ支払いをした際、ウェイターにまんまと200クナ(約3000円ですがクロアチアの物価では高額です)盗まれて騙されました。

食事の会計は全部で520クナ。それをやって来たウェイターに渡すとそのウェイターはお金を数えながらレジに向うふりをして数歩歩き、そこから200クナ紙幣一枚を手際よく横領し、すぐにこちらに戻って来て「320クナしかない、200クナ足りない」と言われました。

こちらはみんなで「これで520クナだね」と手元のお札を確認して支払ったのでこちらの勘ちがいはありえない。でも「きちんを払った」「いや足りない」の押し問答で最後は喧嘩になるのは火を見るより明か。せっかくのみなさんの楽しいクロアチア最後の晩にそんな騒ぎになるのを避けたかったので、とりあえず200クナ支払いその場を去りました。

ですが、店を出てからもやはり腑に落ちず、私だけ店に戻って店に事情を訴えたところ、防犯カメラの録画を見せられましたが、遠くからの撮影では細かな手の動きまではわかりません。注文したときから態度が悪かった店長らしき人物も「で?だからどうだってんだ?」と高圧的な態度。店もあの盗む手際の良いウェイターもこういったことの常習犯という感が拭えませんでした。(追記。後日クロアチア人の知人数人から、ストラドゥン(もしくはプラツァ)通りに平行しているラグーサ2のある通りはドゥブロヴニクの地元民からは「泥棒通り」と呼ばれ、特に観光客を狙う悪名高い通りとして有名だと言われました。)

ほぼ観光客しか訪れないすっかりテーマパーク化したドゥブロヴニク旧市街では、レストランや土産屋はリピーターを得るための努力などしません。そのため、こういった被害が多く、特に日本人は狙われやすいので要注意が必要です。そこで、こういうことにならないようにするには、

支払いする時はお金をウェイターの目の前で「100、200、」と一枚ずつ数えながら渡す。

これしかありません。

それでもこういうことが起きたときには「こっちはちゃんと払った」とそのまま店を出ましょう。警察を呼ぶと脅されても「どうぞご自由に」と毅然とした態度で、でもやはりそのまま店を出るのが最善策です。

カードで支払った場合でも必ずその場ですぐにレシートの確認をしてください。実際の値段とはかけ離れたとんでもない金額を落とされていたという話しもよく耳にします。

*追記。注文したうちの一品のフィッシュスープは塩辛く煮詰まり、とても食べれた物ではなかったので、返品しました。クロアチアでは出された物が酷い物だったら遠慮せず返品してください。

広告