ザグレブ・長距離バスターミナル2018年版

ザグレブから飛行機でドゥブロヴニクや近隣諸国に行く方も多いですが、日帰りやスプリット、リエカなど数時間〜半日の移動でバスターミナルから長距離バスを利用することも多いと思います。

一言でいうと、このバスターミナル、以前と何も変わっていません(笑)。なのですが、まあ一応こんな感じで変わっていませんよということでアップしておきますね(笑)。

トラムなどでターミナル前に到着して、建物の両脇にある階段を上がって2階に行くと、↓こんな感じでチケット売り場があります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d8d
写真左手がチケットカウンター(青い看板のところです)。窓口は全部ではなく飛び飛びに開いています。販売員さんは大抵は中年女性で、あまり愛想がいいわけでもないですが、英語もなんとなく通じる程度ですが、行き先と時間などをはっきりと伝えれば大丈夫です(笑)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d8e
片隅には空港にあるような青いバス時刻表が。ですが、誰も見てないし、ちゃんと正確なのか少々不安なので、やっぱりチケットカウンターで聞いた方が99%確実。あ、クロアチアなので決して100%ではないですが(笑)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d8f
一応両替なんかもあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d95
そしてチケットを購入したら乗り場へ移動。と言ってもここは2階なので1階のバス乗り場へはまずこの奥にある改札口を抜けて・・・。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d97
ですが、改札口とは名ばかりでまったく作動していませんので、文字通りにスルーしてください(笑)。通り抜ける時に変な感じがしますが。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d98
改札口を抜けるとバス乗り場の番号が黄色く示されています。が、これもどこから1階に降りてもあまり関係ありません一応そこから降りると近いよ〜?ぐらい(笑)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d99
階段を降りて1階のバス乗り場でバスの行き先が正しいことを確認をします。ここ、ちょっと重要です。うっかり違うバスが停まってるなんてこともなくはないので。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d9b
バス会社の名前と行き先が貼り付けてあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d9a
大きな荷物がある場合はバスの運転手さんに入れてもらいます。この時10クナぐらいの料金を払います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3da0
バスは全席座席指定です。

チケットの上の方、Peronがバスのゲート番号(今回は401だったので401と書いてあリマス)。Sjedaloが座席番号。今回は28番。バスによっては番号は座席下だったり、窓の上だったりあちこちに書いてあるのでちょっと探すのが大変ですが、まあ大丈夫です。わからなかったら適当に座ってあとで車掌さんが回って来た時に聞くか、近くの人に聞いてみてもいいですし、混んでいなくて何も言われなければそのまま座っていても大丈夫です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3da3
バスが動き出すと、車掌さんがチケットの確認に回って来ます。チケットを見せてください。

K+uTOdkCQO+XAhWzId3gJg_thumb_3da1
そして旅のお供は、売店で買った塩味のポテトチップスだったり、

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f79
1階の道路沿いにあるDubravica(ドゥブラヴィツァ)という人気パン屋さんのサンドイッチだったりします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f7a

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f73

Cy+UTpuuTsq6mnkp0zRuNQ_thumb_3f7c
ボリュームたっぷりのDubravica(ドゥブラヴィツァ)ツナサンド。二人で半分こでも良いかも。モッツァレラチーズのサンドイッチも美味しいです。もちろんハムとかも美味しいです。お好みで。

このパン屋さんはザグレブでも人気で、中心街にも何軒かあるので、町歩きでお腹が空いた時にもオススメです。サンドイッチのパンも表面はカリッと、中はしっとし、レタスなどの具材も新鮮です。ナイロン袋に入れてくれますが、なんせサンドイッチの包み紙が普通の紙なので、早めに食べないとトマトやツナからお汁が・・・。紙がぐちゃっとなるので要注意です。

3FyhR%dyQ3S5Pmn0zEx6MQ_thumb_3da7
そしてまさかの酔い止めを忘れたり、疲れていたりした時はコレ。クロアチア版養命酒、Pelinkovac(ペリンコヴァッツ)のミニボトル。バスターミナルの売店で購入できます。ハーブ酒なのでアルコールが苦手な人にはオススメしませんが、結構効きます。疲れていると酔いが回って寝落ちします(笑)。長距離移動を寝て過ごしたい人向き。ちなみにこれを飲んだ日本の友人曰く、歯磨き?!ミント?!な味だそうで、喉とお腹ぎほわーんと熱くなります。

などなど、2018年のバスターミナルでした。

みなさま、良い旅を!

———————————-
ココをClick! クロアチアのホテルをAgodaで簡単予約!
———————————-

広告

クロアチアのワインをネット注文

クロアチアの旅の思い出に浸ってみたくなったり、クロアチアってどんなとこかなあ〜?と思い描いたり、日本でもクロアチアのワインを飲みたいなあと思うことってあるかもしれませんね。

最近では世界中のワインを扱うネットショップも充実しているので、ポチッとクリック。Amazonと葡萄屋さん、私もよく利用させてもらっています!

(オススメの中央・南部ダルマチア地域を代表する高級赤ワイン ディンガチ【Dingac】【クロアチア産・赤ワイン・辛口・フルボディ・750ml】も購入できます)

311QG1GFgoL

冬のザグレブの野外スケート場

クリスマスマーケットが開催されている12月初旬〜1月初旬(1月6日あたりまで)、ザグレブ駅の前にある大きな公園には巨大な野外スケートリンクが設置され、多くの市民が楽しんでいます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a80.jpg

(↑上の画像をクリックすると楽しそうなスケートリンクの動画が見れますよ)

アートパビリオンの前でとてもイイ雰囲気。ちょっとわかりにくいですが。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a70.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a74.jpg

夜も10時ごろまでは営業していて、靴を借りるところの上のカフェからリンクを眺めていると、家族連れ、カップル、友人グループ、本当に皆さん楽しそうです。UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a85.jpg

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a88.jpg

ザグレブの市営薬局のローズローション

寒い外でも暖房の効いた室内でもとにかく乾燥がひどい冬のザグレブでは、肌や髪があっという間に驚くほどカサカサ&シワシワになってしまうので要注意。保湿が本当に大切。ドラッグストアなどでは、ハーブやバラを使用したローションや、日本には売っていないちょっと高級なニベヤのフェイスクリームなども取り揃えてあり、品揃えはそこそこ充実。

なのですが、私は街の中に点在する市営薬局「Gradska Ljekarna Zagreb(グラドスカ・リェカルナ・ザグレブ)」にて薬局の店員さんもオススメの乾燥肌用保湿ローション「TONIK ZA SUHU KOŽU(トニック・ザ・スフ・コジュ)」がお気に入り。茶色の瓶がなんともレトロで良い感じです。それに比べて上部スプレー部分が安っぽいのが残念ですが(笑)。

IMG_4705.jpg

肌によって合う合わないがあると思いますが、ベースにブルガリア産のローズウォーター、着け心地はサラサラ、というかほとんど水。本当にこれで良いのか?と一瞬不安がよぎりますが、シュッと掌に押し出すたびにフワッと漂う天然のローズの香りに、なんだかとっても肌にいいような気にさせられます。

ラベルには製造年月日が手書きで記入されているなど手作り感たっぷりで、肝心のお値段もそんなに高くありません。えーっと、はっきり言うと、失念しましたのでまた後日確認しておきます(笑)。

お土産に持ち帰る時は瓶が割れないようにタオルで巻くなどして工夫してくださいね(お土産の小物なども割れやすい物も多いので、クロアチア旅行にはプチプチを少し持参するのも有りかも)。市営薬局の場所はGoogleなどでGradska Ljekarna Zagrebで検索してみてください。地図上で何件かヒットしますよ。ちなみにこのローションを買ったのはズリニェヴァツ公園そばのです。

img_4655.jpg

 

 

 

12月のザグレブ

3年連続、ヨーロッパで最も素晴らしいクリスマスマーケットに選ばれたザグレブです。先週はイギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人がお忍びで訪れたそうです。

街中のクリスマスマーケットやライトアップが本当にきれい。1年で一番好きかな〜。バタバタしていて写真が雑ですみません。笑。また後日、もうちょっと魅力が伝わる写真、載せます。

ザグレブでアロマ・ボディーケア

2017年ももう年の瀬。あっという間に一年が過ぎ去って行きます。ザグレブももうすっかりクリスマスマーケットやライトアップで華やかです。というか、この時期にしかこのウェブはアップしないのか?てな感じですが。

IMG_4493

IMG_4423

今日はトルココーヒーの美味しいカフェQUAHWA(カヴァ)へ。でまったりしたトルココーヒーとラハトロクム(トルコのお菓子)でリラックス。

IMG_4476

IMG_4473

コーヒーの粉を小さな鍋で沸騰させて飲むトルココーヒー。多少の粉っぽさは否めません。

IMG_4475

カフェに置いてあった新聞に、今夜、日本の「シベールの日曜日」というバンドのライブがザグレブ市内のライブハウスであると載っていました。ヨーロッパツアー中のようですが、うーん、予定が合わないので行けないのが残念です。

コーヒータイムの後は、ウリツァ通りのアロマオイル・マッサージのサロン「BLISS Institute(ブリス)」へ。ここのところお疲れだったので、マッサージしたいなあと思いつつも、ザグレブでマッサージってどうなのよ?と半信半疑でしたが、クロアチア人の友人のオススメだったのでとりあえず挑戦。

IMG_4491

お世辞にもきれいとは言えない古いビルを上がって扉を開けると、そこは清潔感漂うサロンが。シンプルにスッキリ、なかなか良い感じです。

アロマオイルはフランスのアロマスキンブランドのデクレオールや同じくフランスの老舗美容ブランドCarita(カリタ)を使っているとのこと。贅沢ですね。

IMG_4489

IMG_4488

メニューは幅広く全身からフェイシャルまで色々ありますが、今回はガチガチになった背中などをほぐしてもらいたかったので、1時間の全身マッサージをお願いしました。脚から始まり、脊中に上がって来て、あうーーー、イテテッ!!

マッサージ師のオネエサンに「あり得ないぐらいにコッてますよ!コンクリートみたい!」と予想以上の力で思いっきり肘でゴリゴリされて、もう途中からは掌に汗が・・・。でもめちゃくちゃ痛いのにスムーズというか、京都であちこち試してみた揉みほぐしや指圧よりもいい感じでなんだか嫌じゃない(笑)。そんな絶妙さで、全身いい感じにスッキリ。終わった後、とても軽やかになりました。

ちなみに気になる今回の料金は、1時間・全身で350クナだったかな。日本円で6,000円ぐらいでしょうか。しかもありがたいことに現金払だと10パーセントオフになるので、実際は5,500円ぐらい。日本で同じフランス製のアロマオイルを使用したら軽く倍ぐらいのお値段かも。

ということで、思ったよりもよかったので、数日後にもう一度、今度は背中のみで予約してしまいました。次回はフェイシャルと組み合わせてみます。

ザグレブでサクッと1時間、観光の合間に贅沢なアロママッサージなんてのも良いかもしれませんね。

キキの気分で空を飛ぶ@ドゥブロヴニク

おもしろい記事を見つけました。世界一周ハネムーンの旅をしているMarikoさんとKazさんのドゥブロヴニク(英語です)。今年の3月にドゥブロヴニクに滞在されていたようで、ドローンで撮影された動画はまるでジブリの映画「魔女の宅急便」のキキがほうきで飛んでいくような気分になれました。景色も本当に素晴らしくて圧巻です。ぜひ観てみてください!

追記:ドゥブロヴニクの動画は削除されたようです。代わりにこちら↓。0:58あたりにドゥブロヴニクが登場。

クロアチア軍ファッション!

クロアチアといえば「のどか〜、牧歌的〜」なイメージが日本では浸透していますが、もちろんそれだけではなくかなりハードな一面もありますよ。

Amazonで見つけたクロアチア軍のUSEDリュックサック!

こんなんどこから仕入れてくるねん?ですが。なかなか頑丈そうでしかもたくさん入りそうです。

41YT5HAZbOL

女性にも人気アイテムの迷彩柄。この色ならデニムはもちろん意外とスカートにも似合うかも。チョット、欲しいかも?・・・ってかザグレブの友だちに聞いたらもってそう。←買う気なし、貰いたい。

 

おまけ。クロアチア軍のベルト

バックルが意外にもイイ感じ。ハイキングでうっかり遭難してもこれがあったらなんだか助かりそうな力強さを感じます。リュックと一緒に着こなせたらなんだか凄いかも。

最高峰クロアチアワインといえばDingac(ディンガチ)

クロアチアで誰もが知る一番人気のワインといえば、クロアチア南部ダルマチア地方にあるワイナリー、Dingac(ディンガチ)です。「プラヴァツ・マリ」種を使った最高峰のこのワインは、クロアチアでもとても愛されているワインで、クロアチア国内の高級レストランなどでは必ずといっていいほど置いてあります。夏に一度ダルマチアのワイナリー巡りをしたことがありますが、クロアチアへ行くならぜひワイナリーを訪ねてみるのも楽しいですよ。ちょっとイタリアの片田舎に来たような気分にもなれます。

このDingac(ディンガチ)もここ数年のクロアチアブームで最近では日本でも手に入るようになりましたね。Amazonでも購入できますよ。ロバさんのラベルもクロアチアらしくほのぼのですね。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

311QG1GFgoL

Hotel Mlini@ドゥブロヴニク

2015年にオープンした「Hotel Mlini(ホテル・ムリニ)」はドゥブロヴニク旧市街から南へ10キロのMlini(ムリニ)にあります(ドゥブロヴニクとツァヴタットの中間あたり)。トリップアドバイザーなどの口コミもまずまず。オーシャンフロントだし、きれいなビーチもあるし、とにかくドゥブロヴニク旧市街の喧騒から逃れて静かにバカンス気分が味わいたい人向きですね。部屋によってバルコニー有りとナシがあるみたいなので予約時に確認してください。さらにプライベート感をという人には「Villa Mlini(ヴィラ・ムリニ)」もいいかも。

mlini10_image_363

285B8103_image_377

285B8122_image_380

無料:
エアコン
Wi-Fi
ヘアドライヤー
バスタブ
ミニバー
ラベンダーのアメニティー
駐車場

有料:
空港への送迎リムジン

住所:Setaliste Marka Marojice 34, 20207 Mlini, Croatia

 

Villa Mlini(ヴィラ・ムリニ)」↓

住所:Šetalište Marka Marojice 40, 20207 Mlini, Croatia

Villas-Mlini_image_336

 

《とりあえずエクスペディアでチェック&予約してみる?》
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】