タクシー市場、解禁なるか?@ザグレブ

Zagreb cabbies end strike

ザグレブのタクシー会社が昨日の水曜にようやくストライキを終結し、迷惑をかけたと市民に謝罪。このラジオ・タクシーというタクシー会社の広報によると、現在この次に取るべきステップを考えている最中だといい、これまで独占市場だったザグレブのタクシー業界に他のタクシー企業が入り込むことを可能にする新しいタクシー法が実施されることによって、彼らのビジネスが厳しくなるのを懸念したデモを行った。

新法案により、これまでよりも車数が増え、タクシーライセンスは5年ごとに更新、運賃規制などがもたらされることになる。他、市は次の5年の間にすべてのタクシーの車体を白にしたいともいう。

ほとんど街中でタクシーなんて乗ることないのですが(高いから)、たまたま乗る必要があったらばなんとスト中で困りましたよ、ほんと。で、はい、新しい法律、よろしいのではないでしょうか。だってこれまでが独占市場って、あり得ないですから(笑)。他のタクシー会社、どうぞいらしてください。なんでもリイェカの割安タクシーサービスがザグレブで展開する予定だとか。

で、ちなみになぜこれまでザグレブではこういう独占市場になっていたかというと・・・あははっ、コネっすよ、コネ。タクシー会社のお偉いさんと政治家とのむふふな繋がりでこーゆーことになってたワケですね。というのがもっぱらの影(みんな知ってるけど)の声でゴザイマス。ん、ま、クロアチアらしいっちゅやーそうなんだけど。EUに入ったらそういうこともできなるなる(減る?)からそれもいいのか、いや、こういう土地柄はそうなっちゃうとかえって機能しなくなるのか。さてどうなるのでしょう(笑)。とりあえず、もっと安いお財布にエコなタクシー、大歓迎。

 

追記(2010年12月1日)。先月からタクシー運賃の値下げが実施されることになっていましたが、先月いっぱいタクシー運転手たちはそれを無視しこれまでの料金を乗客に支払わせ、ほとんど悪徳商法みたいなノリですが、現在の正規運賃はこれまでの初乗り17クナから16クナへ、その後1キロ毎7クナだったのが6クナに値下げです。ザグレブ市内から空港までの運賃はこれまではメーターで130〜150クナ前後でしたが、今後(これまでもそうだったのかもしれませんが)は空港までは市外料金となるため、運賃は乗車時に運転手と「交渉」して決まるとかなんとか・・・。なんじゃそりゃ。どんなロジックなんだか。

スターバックス、やはり開店を無期延期に。

Starbucks ´indefinitely´ postpones its arrival in Croatia

スターバックス、クロアチアでの開店を無期限で延期。

クロアチアで来月店舗オープンする予定だったスターバックスだが、今回無期延期を発表。スターバックスの広報は「コーヒー好きのクロアチアでは将来的にビジネス展開の可能性があるため、さらに市場を査定しオープニングのタイミングを見計らいたい」と話す。

デイリー・ユタルニ紙はスターバックスのクロアチアでのプランを後退した理由には2008〜2009年の世界的な経済危機における同社の実績ダウン、そしてイギリスのコーヒーチェーン店『コスタ』のクロアチア撤退にあるのではないかとするが、クロアチア人にはプラスチックカップで歩きながらコーヒーを飲む習慣はなく、きちんと着席して飲むというクロアチアのコーヒー文化のちがいをもう一つの理由として挙げている。

さて、スターバックス。実際、クロアチアではあまり流行りそうもない気がしますね。きっと値段的にもクロアチアでは高くなるだろうし。上記のデイリー・ユタルニ紙の考察も確かにそうなのですが、もう一つ付け加えるとすれば、エスプレッソやトルココーヒー、オーストリア風の濃いコーヒーが一般的なクロアチア人には、スターバックスのような甘ったるいアメリカンな味に満足しないのでは。オープンするならメニューをかなりローカライズする必要があるかも。もうひとつは腐ってもヨーロッパ、の端くれ、しかもかなりラフな土地柄のクロアチアでは、軽いアメリカ文化は、どうでもいい、興味ない、馴染みが薄い、そんな位置なのではないかと。

撤退したコスタコーヒーの店舗がかつてうちの近所にありましたが、決して流行ってなかったわけではなかったように思います。わりといつもお客さんいましたよ。ですが、ちまたの噂では賃貸店舗の賃貸料がとんでもなく高かったとか、不動産での問題だったのではとも。それを裏付けるかのように(真相はわかりませんが。笑)元コスタの店舗は閉店後一年ほどたつ今でも空っぽのまま。広い歩道にはテラス席も設置できてカフェにはもってこいのいい場所なんですけどね。

ちなみにマクドナルドはパンのサイズを大きくするなどしてローカライズされているからなのか、ザグレブでもスプリットでもすごく流行ってますね。

ミハル・ネグリンのお店がオープン@ドゥブロヴニク

日本でもひそかに人気のガーリーなイスラエルのジュエリーブランド、ミハル・ネグリンのお店がドゥブロヴニクのメインストリートにオープン。日本ではなぜかミハエルとなっていますが、Michal Negrin、ミハルですよね。ま、いっか(いいのか?)。

ちなみに、カラフルな彼女のデザイン、日本人にはちょっとムズカシイかも?と思いますが、タレントの上原さくらちゃんが時々つけてますが、思いっきり髪をふわふわにするとか、バシッと口紅を真っ赤にしてみるとか、デザインに負けないゴージャスさ、または彼女のようなふんわり系スタイルにするとうまくいきますね。イスラエルでも細身の女性というよりもふくよかな感じの方に人気。今度ドゥブロヴニクに行ったらさっそく覗いてみようと思います(買わないと思うけど・・・←ゴージャスでもふんわりでもないので似合わない。笑)。

あ、もひとつ、ちなみに。なぜクロアチア国内のビジネスの拠点であり中心街の大きさでも国一番の首都ザグレブにではないのかというと、ズバリ、観光客向けのお店だから。国内の物価では一般庶民にはミハルの商品はとんでもなく高級品。なので、世界中から観光客がわんさか訪れるドゥブロヴニクのど真ん中がよろしいかとってワケでしょうか。お値段のほうは日本で購入するよりお得。

住所:Pred Dvorom 1 Dubrovnik Old City,Croatia(プラツァ通りのどんつき、時計塔左横)
電話:+385-(0)20-321202
email:dubrovnik@michalnegrin.com

追記:ザグレブにもオープンしましたね。Cascadeという高級ショッピングモールに。このモールいつオープンしたんでしたっけ?まだ行ってないな・・・。行った、行った、行きました。が、このショッピングモールのHPとはまったくちがってあまりにもお客がいなくてがらんがらん、ぜんっぜんゴージャスでもなんでもない雰囲気だったのでピンと来ませんでした。ミハルの店も気がつかなかったなあ。また今度行ったら見てみます。ちなみにこちらもどーぞ。ぜんぜん似合ってないところが素晴らしい・・・。

ケイタイの電磁波をシャットアウト!

これで安心?電磁波をブロック!
クロアチア人の専門家グループが電磁波をシャットアウトする携帯電話ケースを開発。

携帯電話やイヤフォンなどの携帯電話器具使用での電磁波による人体への悪影響を弱めるこのケースは、主に人体へ向って放出される人体へ悪影響がある電磁波を妨げることを目的としている。

ANTI-RADIケースの2つのメソッド(訳、割愛します。笑):
We have used two generally acknowledged methods: measurement with isotropic broadband probe and measurement with calibrated dipole. The electromagnetic field strength of the cellular phone during the call with and without protection has been determined; the results show that the field strength while using protection was decreased up to five times.

販売業者を募集しています。詳しくは e-mail または電話(+38595 857 25 27)にてご連絡ください。

おお〜、いいんじゃないでしょうか?デザインはダサダサですが↓↓↓。

フライト同意@ロンドン—スプリット間

London-Split flights to continue through November

クロアチア航空とスプリット・ダルマチア・ホテル協会がロンドンースプリット間の就航を11月30日まで延長することを決定。同協会は2010年まで今回と同じような合意での就航方針で、さらに多数の英国観光客のクロアチア来訪をターゲットにしたロンドン—スプリット間の直行フライトの開始を2010年3月ごろに検討している。さらには、パリ、ミュンヘン、ウィーンなどその他のヨーロッパ都市へのフライトについても検討。

クロアチア航空とスプリット・ダルマチア・ホテル協会の今回のような同意はクロアチアでは初の試みで、同協会はクロアチア航空に対し2009年では4万ユーロの補助金提供をするというもの。協会の主なメンバーはブルーサン・ホテル&リゾート、ホテル・ラ・メリディアン・ラヴ・スプリット、ラディソン・ブルー・リゾート・スプリット。

うーん、この観光ビジネス関係の記事はあまりおもしろくないことに訳してから気がつきました・・・。が、日本では別に珍しくもない同意がクロアチアでは初めてというのはちょっとおもしろいかなと。

クロアチアのチキンペースト販売開始@米国

Podravka begins pate production in the USA

食品会社のポドラヴカ(Podravka)が、今週の木曜日から米国のリッチモンド、ミシガンにて同社のチキンペーストを発売を開始し、コリンダ・キタロヴィチ米国クロアチア大使はジョバンニ・アペタイジング・フーズで行われるオープニングセレモニーに参加する。

FDA(米国食品医薬品局)は、数年前から汚染を懸念しチキンとビーフを含むヨーロッパ製の食品の輸入を禁止したが、それらの輸入禁止食品の中にポドラヴカ社のチキンペーストも含まれていたため、ポドラヴカ社は人気商品であるこのチキンペーストを米国内にて製造する方針。

ポドラヴカ社は米国とカナダ市場において15年以上に渡りたくさんの食品を輸出しており、2005年にはニューヨークに支社を構えていた。各種スパイスと多種類の乾燥野菜を混ぜ合わせた独自のスープミックス・ヴェゲタの輸出は年間1400トンを越えている。

米国国内で製造しているクロアチア企業は自社だけであるとポドラヴカ社は報告している。

ヴェゲタは日本人旅行者のあいだでも人気商品のひとつですね。クロアチア料理でこれを使わないものはないくらい国民的なスープの素です。まー、これもしばらく使っていると飽きてきますが・・・。和食にはあまりあわない味・・・。

ガーデンモールがオープン@ザグレブ

Garden Mall shopping centre opens in Zagreb

ガーデンモール・ショッピングセンターがザグレブのドゥブラヴァ地区に9月24日、オープンし、投資家たちによると、このショッピングセンターはこの東ザグレブでは初の第三世代の近代的なセンターで、この地区の個人投資の物件としては最大級のものだという。

人気の海外と国内ブランドの衣料店70店舗が入店し、そのうちの数店舗はクロアチアで初の店舗となる。その他、センター内にはレストラン、カフェバーが各一軒、1400車が停められるパーキングを併設している。

ザグレブ市には次の2年で13軒の新しいショッピングモールがオープンする予定だと、ウェブサイト「The Business.hr」は伝えている。

おー、この記事だけ読むとなんていうかすごいように思いますが。どうなのどうなの?ってことで他の記事も見つけました。

Varteks & more at the Garden Mall

ザグレブの東地区で最も大規模なガーデンモールが9月23日にオープンし、公式なオープニングの前にはVIPなゲストたちが招待され、今秋のコレクションを発表したSoaked in Luxuryなどと並んでDi CaprioやLevi’sなどのトップクオリティーなブランド品を試着したり購入したりした。

とかなんとか、まだ記事は続いてましたが、Varteksというクロアチアの衣料企業のコマーシャル的なものでヒジョーにくだらなかったので割愛(笑)。ねー、この国ではリーバイスとかそういったものが「トップブランド」なわけですよ、この説明によると・・・。でもそういうものでも一般庶民にはかなり厳しい値段ですヨ・・・、はい。うちの近所のMax Maraなんて普通の若い人は入れませんヨ。常連さんは大きな体のザーマス系おばさまですね。

IKEAオープンまたまた延期か?@ザグレブ

Ikea may delay opening a store in the Zagreb area

スウェーデン生まれの家具メーカーIKEA(イケヤ)は、ザグレブ近郊のルグヴィツァでの2011年開店予定を延期する方針。

ロイター共同によると、まだ未開発地であるルグヴィツァ周辺の自治体の行政がそのネックとなっているという。IKEAのスロヴェニア、セルビア、クロアチア担当ディレクターのドラガン・スカルセヴィッチ氏は、スロヴェニアやセルビアよりもクロアチアで一歩先にIKEAをオープンさせるかもしれないという。IKEAはすでに店舗建設に向けて30ヘクタールの土地を購入しているが、ルグヴィツァの地元住民はそこでのIKEAのオープンに同意するかどうかを次の30日で決議する予定。

くーーーっ、また延期ですか。ここずーっと同じことのくり返しでしょうか、ついにIKEAが来るぞ来るぞと言いつつ、延期。クロアチア国内唯一の大都会ザグレブですら牛の歩み行政なのは今に始まったことではなく、外資系企業は立ち上げ前に根を上げることも多いクロアチア。それが住民約7000人のルグヴィツァ自治体の行政なら村役場みたいなものでしょうし、住民もかなり保守的よくいえば牧歌的、現在の環境を壊したくないのと新しいものはなかなか受け入れられないということはありますね。

今回のIKEAオープン計画が常々延期される理由として耳にするのは、建設予定地は交通の便が悪い田舎なのでお客には行きにくい、他の家具メーカーや大工さんたちが大反対している、などで、確かに車を持っていない人にはかなり不便ですね。が、最近、必要に駆られてザグレブ郊外の大型家具屋を全店(おそらく、といっても4軒ですが)を何度も見て回りましたが、手頃価格でセンスが良く買いたい買ってもいいと思う製品も店舗も皆無。あるのは高額で質が悪いものか同じく高額ででもそれなりの質のブランド家具、なので、IKEAが来てくれればこれまでのように、消費者にチョイスがないためバカ高い値段で趣味の悪いものを買うしかないなんてこともなくなるし、職にあぶれている人たちもIKEAの従業員として就職できる可能性も出て来るわけで。建設業関係も儲かりますし、あまり不利な点は見当たらないんですけどね。ああ、不利になるのはこれまで暴利をむさぼってきた家具メーカーさんたちですね。

ということで、個人的な願望を交えつつ、救世主IKEAさまにはぜひできるだけ早くオープンしてもらいたいのですが、一歩進んで二歩下がるのクロアチアモードで2015年まで気長に待ちましょう。それでもダメなら2020年(←SF映画みたいなそんな年がそう遠くないって、なんかすごい。笑)。

ファーストフードの「Subway」撤退@クロアチア

Subway closes all six restaurants in Zagreb

アメリカ資本のファーストフードのチェーン店「Subway」がクロアチアから撤退。

今年の1月にさらに6店舗をオープンさせる計画を発表したばかりだった「Subway」は、ザグレブの6店舗すべて開業5年目にして閉店となった。同市中心部にあったメインの店舗は2年前に閉店、チボナタワーの隣りの店舗も先週で閉店し、リェカに一店残るのみとなった。

デイリー・ユタルニ紙は、「Subway」はクロアチアで初めて失敗したファーストフードのチェーン店だという。ある噂では「Subway」の人気が落ち込んだのは2007年にクロアチア系のファーストフードのチェーン店の「Daily Fresh」のオープンに関係しているのではないかという。この「Daily Fresh」はクロアチア国内に5軒の店舗があり、国外でもオープンする予定。「Subway」は91カ国にまたがり31476軒の店舗がある。

ザグレブの中心街にあったあのサブウェーですが、いつも閑古鳥が鳴いてましたね。観光客もあまり入ってなかったですね。同じファーストフードならマクドに行ってしまう感じでしょうか。しかもわざわざサブウェーに行かなくても、同じようなハンバーガーのローカル店が大聖堂のそばにありますから、地元の人はそっちですね。あそこはいつも夜中ぐらいまでお客がいて、フィッシュバーガー、ハンバーガー、チーズフライバーガー、量はクロアチアサイズで大きめ多め。閉店時には猫たちもおこぼれをもらいに順番着いてます。

ちなみに、Daily Fresh、海外進出は・・・ヤメとけば・・・とオモイマス、はい。一見騙されるんですが、ぜんぜんフレッシュじゃないし。まずっ・・・。

ビル・ゲイツ in クルカ

Bill Gates visits Croatia´s coast

世界で最もリッチな人の一人でマイクロソフト社の創始者ビル・ゲイツ氏がクロアチア来訪。

昨日、ビル・ゲイツ氏はダルマチア地方のスクラディンとクルカ国立公園を訪問したが、ゲイツ氏の豪華ヨットは地元の港に船舶するには大きすぎたため、全長9メートルのミニスピードボートで海岸から上陸。

ゲイツ氏は夫人と娘、友人たちとボディーガードと供に、4年前にも訪れたスカラディンと国立公園で2時間、ハイキングを楽しんだ。

どんなヨットなのか見てみたかったなあ〜(笑)。ちなみに、ゲイツご一行はその後すぐに出航したようですが、理由は言わずと知れたいつものパターンなパパラッチたち。数年前にマイケル・ダグラス一家がフヴァル島やドゥブロヴニクに来た時も同じで、フヴァルでは港でパパラッチが待ち構えていたため、結局すぐそこまで来ていて寄港をヤメたんですよね。報道すれば有名人は寄り付かなくなるけど、その後一般人はよろこんで来るし、報道しなければ有名人は来てくれて散財してくれるかもしれないし。どっちが観光業にとって得なのか、ジレンマですな。