マイクロチップが豚インフルエンザ・ワクチンに!@人類滅亡大計画

Priest says swine-flu vaccine contains micro-chips

豚インフルエンザのワクチンにはマイクロチップが含まれている可能性があるため、ワクチンを接種しないようにと、ザダルに近い聖マーティン南部にある村の教会でフリアル・ミロスラヴ・ブストルチ神父は信者たちに呼びかけた。神父は「人類を滅亡させる大計画がある。その一環として豚インフルエンザのワクチンにマイクロチップが含まれており、やつらがそれを用いて我々をコントロールしようとしている」とミサで語ったとニュース関連のサイトにその見出しが掲載された。

神父はこの理論は神父独自のものでカトリック教会の公式な意見ではないと付け加えている。

そりゃーそうでしょう・・・彼独自の妄想理論でしょうね。ハイ。これを信じた信者さんはいるのでしょうか。というかこんな神父さんで大丈夫なんでしょうかね。お気の毒です・・・。

広告

豚インフルエンザ死亡者の誤報

Three-year-old girl is second swine-flu death case

クロアチアで豚インフルエンザによる第二の死亡ケースが出たことについて、国内報道では死亡者は匿名男性と伝えられていたが、ダルコ・ミリノヴィッチ厚生大臣は実際にはスプリット在住の急性白血病患者で3歳小児だったと訂正した。また、ミリノヴィッチ厚生大臣は当初伝えられていたザグレブのフラン・ミハルイェヴィチ医院で死亡した男性の死因は豚インフルエンザではなかったと言う。

10月31日に心不全によりスプリット病院で死亡した61歳の男性がクロアチアで初めての豚インフルエンザによる死亡例で、ミリノヴィッチ厚生大臣は今日(火曜日)豚インフルエンザで苦しんでいる入院患者たちを慰問し、再度、パニックに陥らないようにと強調した。

クロアチアでは現在約1600名が豚インフルエンザに感染している。

3歳の女の子だそうです。

クロアチアで豚インフルエンザ、二人目の死亡者

Second swine-flu death in Croatia

先週の土曜、クロアチアでの豚インフルエンザによる死亡者が二人となったと、クロアチアの厚生省が公式サイト上にて発表した。

10月31日に心不全によりスプリット病院で死亡した61歳の男性がクロアチアで初めての豚インフルエンザによる死亡例で、現在クロアチア国内で認められている豚インフルエンザ患者数は1509人。

ダルコ・ミリノヴィッチ厚生大臣は、ザグレブ市のフラン・ミハルイェヴィチ医院には豚インフルエンザ患者6名が入院しており、うち2名が重体であるが命に別状はない。
また、大臣は、政府は世界的な流行病に対して11月末までに50万のワクチンがクロアチア国内に届くように対処しているため、パニックに陥る理由はないと強調している。

これ以上豚インフルエンザによる被害が広がりませんように・・・。

豚インフルエンザ死亡者@スプリット

First swine flu death in Croatia

61歳の男性が先週の土曜日に、スプリット病院にて豚インフルエンザによる心不全で死亡し、クロアチア国内では初めての豚インフルエンザによる死亡者となった。この男性は先月の10月21日に、豚インフルエンザによる高熱、肺炎、腎不全、などを併発しかなり危険な状態で同病院に入院していた。この男性の詳しい死因が豚インフルエンザであるかどうかは検死によってのみ確定することが可能だが、男性の遺族は検死を拒否している。スプリット病院の感染症科長ニコラ・ブラダリチ氏は「検死は死因を定めるのに極めて有効だったはずだ」という。

スプリット・ダルマチア郡公衆衛生学の衛生学者は、スプリット・ダルマチア地方ではこれまでに255件の豚インフルエンザのケースが確認されているが、実際の感染者数はそれ以上だという。

ああっ、ついにクロアチアでも豚インフルエンザで死亡者が出ましたね・・・。

またまた豚インフルエンザ@スプリット

One Split swine-flu patient is in serious condition

スプリットに住む60代男性が重傷の豚インフルエンザのため、スプリット病院で集中治療を受けている。スプリット病院感染症科長のニコラ・ブラダリチ氏はスプリットではこれまで4人が豚インフルエンザで入院していると発表。そのうちの患者2名はすでに退院しており、他の1名は高熱の治療を受けている最中で、最後の1名はこの4名のなかでも最も重症で集中治療を受けている。

ブラダリチ氏はスプリットは外国人観光客からの感染の恐れはすでにないが、地元住民からの感染の可能性があるという。スプリット・ダルマチア郡公衆衛生学の衛生学者は、スプリット・ダルマチア地方ではこれまでに184件の豚インフルエンザが確認されているが、実際の感染者数はこの10倍だという。

おおっ、先日に引き続きまたしても豚インフルエンザ。スプリットは確かに外国人観光客の坩堝。しかもかなり狭い旧市街に集まりますからね。お大事に。

豚インフルエンザで閉鎖@ザグレブ警察アカデミー

Zagreb police academy closed by swine flu

ザグレブ警察アカデミーが豚インフルエンザで閉鎖され、アカデミー所長は生徒の一人に豚インフルエンザの症状が見られ、さらに27人の生徒が感染している可能性があるとコメントしている。現在これらの生徒らは医師による検査の結果を待っており、内務省はこのアカデミーを11月3日まで閉鎖すると決定した。さらに100もの豚インフルエンザの新しいケースがスプリット高校で発見されたが、入院患者は出ておらずさほど心配する状況ではないという。

おお、あの一世を風靡した豚インフルエンザ様。ふざけてはいけませんですね、ハイ。日本ではもうほとんど耳にしないのですが・・・。

クロアチア初の豚インフルエンザ感染者

First swine-flu case confirmed in Croatia

クロアチアで初めての豚インフルエンザ感染者、見つかる。

クロアチア厚生省のダルコ・ミリノヴィッチ氏は今日(月曜)、クロアチア国内で初めての豚インフルエンザが発見され、このA(H1N1) ウィルスに感染していた男性患者はすでに回復し仕事に戻ったと発表。

この男性患者はまったく薬を飲まずに自宅静養し回復に至った。この男性はクロアチア国外のどこかの国にて豚インフルエンザに感染した後、先週にはクロアチアに戻ったというが、ミリノヴィッチ氏はその国がどこであるのかの発表は拒否している。

ミリノヴィッチ氏はさらに、「軽症だったこの男性の場合、紅茶、レモン、お風呂が回復に効いた。家族や職場の同僚など、彼から感染したものはなく、彼も仕事に戻っている。豚インフルエンザは騒がれ過ぎだ」と。

豚インフルエンザはこれまで74カ国にて確認され、2万9千669人が感染し、145人が死亡している。

騒がれ過ぎ・・・はい、同意デス(特にニッポン・・・)。マスクをしている人もいませーん、クロアチア。

豚インフルエンザにははちみつを。

‘Treat swine flu with honey’ urges doctor

はちみつで豚インフルエンザを吹き飛ばそう。

北クロアチアのビイェロヴァルのヨシプ・ロンカル(Josip Loncar)医師によると「豚インフルエンザにかかるかもと心配している人はスプーン4杯のはちみつを毎日食べればよい、はちみつは安いし予防になる。はちみつはウィルス感染するリスクを減らす」と言う。

また、このはちみつを用いた治療法を40年に渡り研究しているロンカル医師は、もし誰かが豚インフルエンザに感染しても、はちみつが効く、はちみつはウィルスに強い体を作るとも。

ん、まあ確かにはちみつは免疫を高めたりいろいろと健康に作用し万能薬として知られていますね。火傷にも効きますし。豚インフルエンザに関わらず、あまり西洋医学の薬に頼ることなく、ウィルスに打ち勝てる健康体を作ること、保持することことが大切ですね。ちなみに現時点でのクロアチアの豚インフルエンザ感染者数は0だそうです。