マリファナの密輸で御用@国境

Austrian woman tries to smuggle drugs in hair braid

昨日、クロアチアとスロベニアの国境ルパ・パスヤクからマリファナを密輸しようとした外国人2人がクロアチア警察に逮捕された。

そのうちの1人はオーストリア人女性(20歳)で、小さなパッケージに入れたマリファナ3グラムを髪飾りに見せたて三つ編みした髪に隠して密輸しようとした。もう1人はドイツ人男性(35歳)で、マリファナ15グラムを車の中に置いた水泳用の足ひれに隠して密輸しようとした。

このオーストリア人女性はオパティヤの裁判所に連行され、ドイツ人男性はまだ警察署にて尋問中。

国外からの薬物の密輸、クロアチアでよーく耳にする類いのニュースですね。いくらクロアチアといえ、発見されないと高をくくって来るのはちょっと浅はか・・・。

広告

皇帝列車 in オパティヤ

Majestic Imperator Train arrives in Opatija

オーストリア・ハンガリー帝国時代の貴族が使用した列車を模した豪華なマジェスティック・インペラートル・トレイン・デラックスが、昨日(木曜)の午後、オパティヤ駅に到着した。

オーストリア人とドイツのジャーナリストなど15人を含む165人の乗客列車がウィーンから到着し、オパティヤのホテル・ミラマルにて行われた歓迎会で歓迎された。ゲストたちはオパティヤに三日滞在し市内探索した後、同列車にてウィーンに戻る。

同市の歴史と伝統を蘇らせる文化事業のプログラムの一環として、この列車は過去3年続けてオパティヤに運行している。この列車については本日、ホテル・ミラマルにて同ホテルのオーナーによって説明がある。

当時の豪華列車での旅、よいですなあ。どうせなら昔のオリエント・エクスプレスの停車駅のザグレブまで来てほしいところです。オーストリア・ハンガリー帝国の貴族たちの避寒地、避暑地として築かれたオパティヤも、この列車がとても似合う街ですが。

マジェスティック・インペラートル・トレインのウェブはこちら