クレムシュニテのレシピ、その後。

 

で、ですね。

 

kremšnita_romeo_ibrisevic©mycroatianexperience.com

 

あれから何度か挑戦してみたところ。ようやく出会えましたよ。

 

あ!これや!この味!

 

に。でね、前回のレシピなんかいらなかったわ、ほんまに。なんなんでしょ、このサクサクっと簡単なの。

 

そーなんですよ。

 

市販の、スーパーなんかで売ってる

 

プリンの素!!

粉末の、あれ。

 

あれでプリン作って、そこに生クリーム混ぜたらあっという間にデキタヨ、クレムシュニテが。しかも、サモボルの、あの味に限りなく近い。なんだったんだヨ!

ですが、パイ生地はまだ出会えてません。日本の市販のはバターが多すぎ、油分多すぎ。もっとシンプルじゃないと〜。

ということで、クリームについてはとりあえず一件落着なり。

広告

クレムシュニテのレシピ

一口にクレムシュニテといっても、温かくてフルフルなカスタードのサモボルのものや、ケーキ屋さんの生クリームの乗った冷たいもの、チョコがかかったもの、などいろいろなレシピがあるのですが、ここはサモボルのにこだわりたい。

kremšnita_romeo_ibrisevic
©mycroatianexperience.com

ところなのですが。

なかなか「コレ!」というレシピが見つからない。

ぶっちゃけ、サモボルにこだわらなくても(どっちだよ!)家庭でもかんたんにできる作り方もあります。

材料:冷凍のパイシート、カスタードクリーム(市販のものでもアリだし、ちゃんと卵黄・薄力粉・砂糖・牛乳で作ってもよし)、メレンゲ、粉砂糖。以上デス。

作り方:ごくごく普通に作ったカスタードクリーム(参考に:辻調理師専門学校のカスタードクリームの作り方)を温かいうちにしっかりがっつり泡立てた卵白にサクサクッと混ぜる。それをそのまま市販のパイ生地(冷凍のパイシートを解凍したやつね)に乗せ、さらに上にもう一枚パイ生地をかぶせて粉砂糖をふったら良いだけデス。ハイ。カンタンですね。以前コソボ出身の友人にカスタードクリームではなくホイップクリームだけで作ってもらったこともあります。コレもカンタン!美味しい!

が、どーしてもやっぱりクロアチア流で作ってみたい!(また戻った)という頑固でマニアックなあなたのために、とりあえず参考になりそうなのをご紹介。

サモボルのクレムシュニテの紹介(英語です)↓

材料(9〜12ピースぐらい)

牛乳 4カップ
卵  8コ
砂糖 1カップ半
小麦粉 1カップと1/4
バニラシュガー ティースプーン2杯
パイ生地 2枚
生クリーム(ホイップクリーム)3カップ
粉砂糖 少々

A 生地の作り方:
①オーブンを175℃に暖めておく。
②パイ生地の表面(生地のレシピが見つからなかったので何か適当に参考にしてください)に小麦粉を軽く降って薄く生地をのばしたら、クッキングペーパー(オーブン用)に乗せてオーブンで10分焼く。
焼き上がったらオーブンから出してさます。

B カスタードクリームの作り方:
①卵8つを白身と黄身に分ける。
②黄身8つ分に1カップ半の砂糖、バニラシュガーと小麦粉、牛乳1カップを加えて混ぜ合わせる。
③深めの鍋に残りの牛乳3カップを入れ、中火で沸騰させる。
④(②)をその鍋に入れ、しっかりまったり重みが感じられるまで優しくゆっくり泡立て器またはハンドミキサーで混ぜる。
(注意:この時、牛乳で火傷をしないように気をつける)
⑤混ざったら鍋を火から降ろす。
⑥残りの卵白をボールから落ちないくらいまでしっかり泡立てたら、鍋のカスタードを温かいまま卵白に混ぜ、スパチュラーなどでサックリ、よく混ぜる。

C 仕上げ:
①パイ生地を一枚オーブンの鉄板またはバット(生地が置ければなんでもよい)に置き、Bのカスタードクリームをその上に乗せる。
②ホイップした生クリームをその上に乗せ、残りのパイ生地を乗せてはみ出したクリームを整え、粉砂糖を降ったらできあがり。

なんか抜けてたりするかもしれませんが、そこはご愛嬌(^-^)。

で、こんなこと書いてたら、無性にクレムシュニテが食べたくなって、んじゃ、作ればいいってことで。・・・あ、でもうちにハンドミキサーない・・・。泡立て器でメレンゲを作るのはねえ・・・。ってことで。また後日。

クロアチアの伝統的なスイーツならやっぱりクレムシュニテ!

ということで。

『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』

おもしろかったです。番組で紹介されたクロアチアは本当になんてステキな国なんでしょう(住むのとは大ちがいか・・・。笑)。まあ、もちろん、旅で訪れるのであればキレイなところだけでいいのよね(笑)。

で。

クレムシュニテ。

このウェブのザグレブからの日帰り旅行でも触れていますが、クロアチア、というかザグレブ地域の伝統的なスイーツの中では文句無しに一番!ぜひ食べていただきたいスイーツです。ザグレブ市内でもヴィンツェクなどケーキ屋さんで食べられますが、やはり作り立ての少し温かいものが美味しい。そう、ザグレブ市内のケーキ屋さんではケーキケースに入れられているので、冷たいのです。

となると、ザグレブからローカルバスでのんびりと40分、クレムシュニテの本場のサモボルまで行っていただきたいところ。ここならお店の回転が速いので作り立てもしくは少し前に作ったもの(つまり普通のケーキほどには冷えてないもの)が食べられます。番組でもかなりの大きさでしたが、実際も一瞬のけぞるほど大きいです(笑)。が、クリームがフワフワでまったく重くないので、胸焼けすることなく美味しくいただけますヨ。わたしも時々サモボルまで食べにいきました。

クレムシュニテはこちらのブログにも載せてましたが、拙著の『クロアチアの碧い海』(←もう在庫が少ないみたいなので購入されるならお早めに!)のP130〜133にも掲載しています(^-^)。

krem

追記:日本では食べられないクレムシュニテ。レシピを見つけたのでまた後日アップしまーす。お楽しみに!

2010年春(4〜5月末日)ザグレブーサモボルのバス時刻表

ザグレブ発(バスターミナル)→サモボル行きのバスの時刻表です(なぜかその反対の時刻表が表示されないので載せられませんでした)。SAMOBORČEKと書かれた黄色いバスが目印です。

だいたいこんな感じでかなりの本数が出ているので帰りも同じようなものだと思ってよいはずですが、サモボルのバスターミナルに時刻表が置いてあるのでもらって確認してください。サモボルについてはこちらをどうぞ

画像をクリックすると拡大します。

表の読み方:
Line =路線
Departure time=出発時刻
Arrival time=到着時刻
Departure platform=出発ホーム番号(バスターミナル内の)
Price=料金(クナ)
The carrier= バス会社名

*6月以降も時刻表は同じようなものなので、更新はしません。