ティトーの豪華ヨットよ、がんばれ!in リイェカ

Rijeka searching for investors in Tito´s luxury yacht

リイェカ市は故ティトー(チトー)大統領の豪華ヨットを修復する資金を出す投資家たちを募集している。クロアチア北部のアドリア海沿岸にあるビクトル・レナッツ(Viktor Lenac)造船所で放置されていたこの豪華ヨットは今年5月にリイェカ市に輸送されて来た。

リイェカ市議会はこのヨットを博物館兼、豪華ヨットにしようとしていたが、それを実現させるには数百万ユーロがかかるとわかった。

もし同市が十分な資金を調達できないのであれば、博物館としてだけ港にて運営されることになる。しかし、同市はクロアチア文化省がいくらかこのヨットの修復金を出す可能性もあるという。

世の中不況とかいいつつも、お金はあるところにはあるもので。数ヶ月前にアラブのとある大富豪が第5夫人(だったかな?)と伴えてクロアチア訪問されてましたね。頼めばよかったのに。彼にすれば数百ユーロなんて、ちょっとしたポケットマネーだろうし(笑)。ま、いずれにしろ、夢のあるニュースですね。

天文学センターがオープン in リエカ

Astronomical centre opens in Rijeka

クロアチア国内でも最も専門的に作られている天文学センターが、リエカの旧軍隊の砦だったセントクロス山にオープン。センターの建物は1941年に4つの塔をもつ砦として建てられ、2001年にその塔の一つに望遠鏡が設置され、リエカ初の天文観測所となった。

拡張されたセンターでは、リエカ周辺の重要な観光、科学、教育などの施設、また展示会や科学学会やセミナーにも使用。新しいプラネタリウムには52席とクロアチアでもユニークな宇宙シミュレーションがあり、美しいリエカ湾や周辺の景色を望めるテラス付きのレストランもある。プラネタリウムはオープニングの今月のみ無料。

こういった施設の少ないクロアチアでプラネタリウム。娯楽としても楽しそうですね。ちなみに、個人的にはあの工業の香りいっぱいのリエカ湾が美しいとは・・・思わないかも。そういうのが好きな方ならツボかつ美しいでしょうね(笑)。