ザグレブ・長距離バスターミナル2018年版

ザグレブから飛行機でドゥブロヴニクや近隣諸国に行く方も多いですが、日帰りやスプリット、リエカなど数時間〜半日の移動でバスターミナルから長距離バスを利用することも多いと思います。

一言でいうと、このバスターミナル、以前と何も変わっていません(笑)。なのですが、まあ一応こんな感じで変わっていませんよということでアップしておきますね(笑)。

トラムなどでターミナル前に到着して、建物の両脇にある階段を上がって2階に行くと、↓こんな感じでチケット売り場があります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d8d
写真左手がチケットカウンター(青い看板のところです)。窓口は全部ではなく飛び飛びに開いています。販売員さんは大抵は中年女性で、あまり愛想がいいわけでもないですが、英語もなんとなく通じる程度ですが、行き先と時間などをはっきりと伝えれば大丈夫です(笑)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d8e
片隅には空港にあるような青いバス時刻表が。ですが、誰も見てないし、ちゃんと正確なのか少々不安なので、やっぱりチケットカウンターで聞いた方が99%確実。あ、クロアチアなので決して100%ではないですが(笑)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d8f
一応両替なんかもあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d95
そしてチケットを購入したら乗り場へ移動。と言ってもここは2階なので1階のバス乗り場へはまずこの奥にある改札口を抜けて・・・。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d97
ですが、改札口とは名ばかりでまったく作動していませんので、文字通りにスルーしてください(笑)。通り抜ける時に変な感じがしますが。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d98
改札口を抜けるとバス乗り場の番号が黄色く示されています。が、これもどこから1階に降りてもあまり関係ありません一応そこから降りると近いよ〜?ぐらい(笑)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d99
階段を降りて1階のバス乗り場でバスの行き先が正しいことを確認をします。ここ、ちょっと重要です。うっかり違うバスが停まってるなんてこともなくはないので。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d9b
バス会社の名前と行き先が貼り付けてあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3d9a
大きな荷物がある場合はバスの運転手さんに入れてもらいます。この時10クナぐらいの料金を払います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3da0
バスは全席座席指定です。

チケットの上の方、Peronがバスのゲート番号(今回は401だったので401と書いてあリマス)。Sjedaloが座席番号。今回は28番。バスによっては番号は座席下だったり、窓の上だったりあちこちに書いてあるのでちょっと探すのが大変ですが、まあ大丈夫です。わからなかったら適当に座ってあとで車掌さんが回って来た時に聞くか、近くの人に聞いてみてもいいですし、混んでいなくて何も言われなければそのまま座っていても大丈夫です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3da3
バスが動き出すと、車掌さんがチケットの確認に回って来ます。チケットを見せてください。

K+uTOdkCQO+XAhWzId3gJg_thumb_3da1
そして旅のお供は、売店で買った塩味のポテトチップスだったり、

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f79
1階の道路沿いにあるDubravica(ドゥブラヴィツァ)という人気パン屋さんのサンドイッチだったりします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f7a

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f73

Cy+UTpuuTsq6mnkp0zRuNQ_thumb_3f7c
ボリュームたっぷりのDubravica(ドゥブラヴィツァ)ツナサンド。二人で半分こでも良いかも。モッツァレラチーズのサンドイッチも美味しいです。もちろんハムとかも美味しいです。お好みで。

このパン屋さんはザグレブでも人気で、中心街にも何軒かあるので、町歩きでお腹が空いた時にもオススメです。サンドイッチのパンも表面はカリッと、中はしっとし、レタスなどの具材も新鮮です。ナイロン袋に入れてくれますが、なんせサンドイッチの包み紙が普通の紙なので、早めに食べないとトマトやツナからお汁が・・・。紙がぐちゃっとなるので要注意です。

3FyhR%dyQ3S5Pmn0zEx6MQ_thumb_3da7
そしてまさかの酔い止めを忘れたり、疲れていたりした時はコレ。クロアチア版養命酒、Pelinkovac(ペリンコヴァッツ)のミニボトル。バスターミナルの売店で購入できます。ハーブ酒なのでアルコールが苦手な人にはオススメしませんが、結構効きます。疲れていると酔いが回って寝落ちします(笑)。長距離移動を寝て過ごしたい人向き。ちなみにこれを飲んだ日本の友人曰く、歯磨き?!ミント?!な味だそうで、喉とお腹ぎほわーんと熱くなります。

などなど、2018年のバスターミナルでした。

みなさま、良い旅を!

———————————-
ココをClick! クロアチアのホテルをAgodaで簡単予約!
———————————-

広告

ザグレブの市営薬局のローズローション

寒い外でも暖房の効いた室内でもとにかく乾燥がひどい冬のザグレブでは、肌や髪があっという間に驚くほどカサカサ&シワシワになってしまうので要注意。保湿が本当に大切。ドラッグストアなどでは、ハーブやバラを使用したローションや、日本には売っていないちょっと高級なニベヤのフェイスクリームなども取り揃えてあり、品揃えはそこそこ充実。

なのですが、私は街の中に点在する市営薬局「Gradska Ljekarna Zagreb(グラドスカ・リェカルナ・ザグレブ)」にて薬局の店員さんもオススメの乾燥肌用保湿ローション「TONIK ZA SUHU KOŽU(トニック・ザ・スフ・コジュ)」がお気に入り。茶色の瓶がなんともレトロで良い感じです。それに比べて上部スプレー部分が安っぽいのが残念ですが(笑)。

IMG_4705.jpg

肌によって合う合わないがあると思いますが、ベースにブルガリア産のローズウォーター、着け心地はサラサラ、というかほとんど水。本当にこれで良いのか?と一瞬不安がよぎりますが、シュッと掌に押し出すたびにフワッと漂う天然のローズの香りに、なんだかとっても肌にいいような気にさせられます。

ラベルには製造年月日が手書きで記入されているなど手作り感たっぷりで、肝心のお値段もそんなに高くありません。えーっと、はっきり言うと、失念しましたのでまた後日確認しておきます(笑)。

お土産に持ち帰る時は瓶が割れないようにタオルで巻くなどして工夫してくださいね(お土産の小物なども割れやすい物も多いので、クロアチア旅行にはプチプチを少し持参するのも有りかも)。市営薬局の場所はGoogleなどでGradska Ljekarna Zagrebで検索してみてください。地図上で何件かヒットしますよ。ちなみにこのローションを買ったのはズリニェヴァツ公園そばのです。

img_4655.jpg

 

 

 

12月のザグレブ

3年連続、ヨーロッパで最も素晴らしいクリスマスマーケットに選ばれたザグレブです。先週はイギリスのチャールズ皇太子とカミラ夫人がお忍びで訪れたそうです。

街中のクリスマスマーケットやライトアップが本当にきれい。1年で一番好きかな〜。バタバタしていて写真が雑ですみません。笑。また後日、もうちょっと魅力が伝わる写真、載せます。

パスタはBobanで。

ザグレブのお気に入りレストラン、Boban(ボバン)でのオススメはいろいろありますが、こんなボリューミーなパスタも美味しいのです。

boban1

アドリア海といえば!の手長エビ(スカンピ)とイカ、そしてムール貝とトマトのさっぱり白ワインソース。魚介類の深い味わいで、シーフードパスタが好きな人にはなかなかいい感じ。

boban2

こちらはベーコンと七面鳥、ガーリックでコクがあるしっかりとした味付けで、70代の両親には大好評の一品でした。

 

Italian Restaurant Boban
adress: Gajeva Zagreb
Open 11:00
Close 23:00

(Photo©Chika Okuwa)

ザグレブの冬の夜

ザグレブももうクリスマスの雰囲気でいっぱいですが、どこへ行っても人!人!人!

ウィーンやその他のヨーロッパの街には負けるかもしれないけれど、ライトアップされたカフェもクリスマスマーケットもスケートも、ぜんぶ楽しですよ!

thumb_IMG_0341_1024上の写真は世界一短いケーブルカー乗り場の路地のバー。若い人でいっぱい。なかなかの混雑です。

 

thumb_IMG_0311_1024アイスクリームのミレニウムのある通りも、深夜までオープンカフェで賑わっています。

 

(photo©Chika Okuwa)

ケーブルカー運休中。

世界最短のザグレブ市のウスピニャチャ(ケーブルカー)が運休中。

アッパータウンと新市街地を結ぶケーブルカーですが、改修工事のため現在も運休しています。時々バスが出ていますがぐるっと迂回するため、アッパータウンまではそのままケーブルカー横の階段を上がった方が早いです。

再開の見通しはまだわからず。そのうち動くでしょう(笑)。

おすすめはエコ・タクシー

ザグレブのタクシー事情が劇的に変化。

これまでの独占市場が終りを告げ、数社が運行。

その中でもオススメはエコタクシー(Ekotaxi)。

 

 

 

 

 

 

 

 

初乗り8.80クナ、1キロ毎に5クナ。エコカーで乗りやすく、サービスも良い。近場でも行ってくれる。ひとつだけ難があるとすれば、大人気なため電話で頼んでから10分ほど待たされることもある。通常は5分ほどで来てくれる。

電話:1414

ホームページからネット予約もできるようですが、まあ、おそらくできるのでしょう、ぐらいに(笑)。